MENU

若年性脱毛症が急増中?!

最近では女性でも薄毛・抜け毛に悩むことは多くなってきましたが、それでも「髪の悩みは中年以上から」というイメージを持っていませんか?

 

実は、若い世代の20代30代でも、薄毛・抜け毛に悩む方は急増しているのです。
もちろんこの世代での薄毛・抜け毛は、老化が原因のものではありません。

 

ではなぜ若い世代でも髪の悩みが出てしまうのでしょうか?
「若年性脱毛症」の原因と、対策をお伝えしようと思います。

 

若年性脱毛症はどうして発症する?

通常、老化による薄毛・抜け毛は「頭皮や髪を作る細胞の老化」が原因で起こります。しかし若年性脱毛症の場合はもちろん老化が原因ではなく、髪の毛の生まれ変わり=ターンオーバーの周期が乱れることが原因のうちのひとつに挙げられます。

 

若年性脱毛症、原因別対処法
ヘアカラーなどのダメージ

最近の若い世代ではヘアカラーやパーマをおしゃれとしてするのが当たり前、全く何もしていないという方の方が少ないと思います。ただ、これらの行為は頭皮にとってはかなり負担となることは念頭に置かなければいけません。

 

ワックスなどのスタイリング剤を使用することも同じです。毛根や頭皮を痛めたり、毛穴のつまりの原因になったりと、こういったダメージは健康な髪が育つのを邪魔してしまうので、髪の健康な生まれ変わり周期も乱れてしまいます。

 

カラーやパーマなどをする際には極力回数を少なくし、数カ月間隔をとりながらするようにしましょう。またスタイリング剤等の汚れは、意識的にしっかりと落とすことが大切です。

 

体に負担のあるダイエット

一見関係ないようにも思いますが、実は無理なダイエットが若年性脱毛症の原因となることがあります。女性ホルモンのうちのひとつ「エストロゲン」が髪の成長には欠かせないため、健康的な髪の毛の生まれ変わりには女性ホルモンのバランスが取れている必要があります。

 

また、健康で綺麗な髪を作るには十分な栄養も欠かせません。無理なダイエットをするとこの必要な栄養素も不足しがちなので、注意が必要です。

 

運動をしたり、しっかりと栄養素を取りながらの食事制限なら問題ありませんが、若い世代のダイエットはつい食事を抜いたりと無理をしがちです。これでは栄養が足りないばかりでなっくホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れにもつながるので髪にも悪影響を与えてしまいます。健康な頭皮のためにも、バランスの取れた食生活と規則正しい生活が非常に大切です。

 

頭皮の汚れの蓄積

正しいシャンプーやケアをできている人は実は意外と少ないものです。頭皮は顔と一枚の皮膚でつながっているので、本来は似たような性質をもっています。ですので、頭皮も乱暴には扱わず、洗顔をする時と同じように優しく丁寧にケアしてあげる必要があります。

 

また汚れを落とす力の強いシャンプーはその分地肌へ刺激を与えることになるので、弱った地肌ではトラブルの原因になりかねません。できれば地肌と同じ弱酸性のシャンプーを使うようにすれば、地肌へのストレスも軽減させることができます。

 

 

マイナチュレの公式販売サイトはこちら